身体に良い水

体に良い水

人間の体の60%は水でできています。

そのため、人間は毎日必要な分だけ水分を補給する必要がありますが、もし摂取する水分が体に悪い水だったらどうなるでしょう。

人間の半分以上を占める水だからこそ、摂取する水には気を配りたいものです。

では、体に良い水とは、どんな水のことを指すのでしょうか。

以下では「体に良い水」の条件をあげてみました。

条件1.体内に吸収されやすい

水は、体内に入ると腸で吸収されますが、吸収されやすい水と吸収されにくい水とがあります。

その差は、クラスターの大きさにあります。

クラスターとは、水分子の集合体のことで、クラスターが小さいほうが、より腸に吸収されやすく、腸への負担が少ない水となっています。

条件2.有害物質を含まない

よく「水道水は体に悪い」と言われますが、その最たる原因は殺菌の際に使用される塩素です。

水道水の殺菌には塩素が直接投入されるのですが、この塩素が、水道管を通って私たちの口に入るまでに完全に除去されず、残留してしまうことが問題となっています。

塩素は、皮膚や喉の粘膜から水分を奪い、乾燥させるほか、発ガン性のあるトリハロメタンの発生の原因ともなっています。

このような有害物質を含まない水こそが健康に良い水の条件のひとつです。

条件3.ミネラルを含む

ミネラルは、カルシウムやマグネシウム、ナトリウム、カリウムなどの4大ミネラルを軸に、亜鉛や鉄などさまざまな種類があり、糖質・脂質・タンパク質・ビタミンと並んで五大栄養素のひとつとされています。

生体にとって欠かせない栄養素でありながら、現代人には不足しがちです。

天然水やミネラルウォーターと言われるものはこのミネラルが豊富に含まれているため、健康によい水として認識されています。

体に良い水の条件を満たしているミネラルウォーター

体に良い水の条件がわかったところで、では具体的にどんな水を選べばよいのかとなると、やはりミネラルウォーターが一般的です。

特に、上記の3つの条件を満たすミネラルウォーターを選ぶなら、宅配水サービスのミネラルウォーターがおすすめです。

宅配水サービスのミネラルウォーターは日本各地の名水を原水とし、塩素などを使わず、ろ過や過熱殺菌などで処理するので、残留塩素などの有害物質の心配はありません

また、名水といわれる水にはミネラルが豊富に含まれているため、飲むだけで、現代人に不足しがちなミネラルを補給することができます。

体内への吸収率も高く、何より水道水とは比較にならないほどおいしいので、毎日無理なく水分補給できるところが大きなポイントです。