重水と軽水

重水と軽水

両方とも聞きなれない言葉ですが、その構造によって、水は重水と軽水にわかれています。

軽水とは一般的に「水」と呼ばれているもので、飲料水などの生活用水に使われている水のことです。

水の化学式はH2O。水素原子(H)が2つに酸素原子(O)が1つで構成されています。

しかし、この水素原子と酸素原子のほかに、通常の水素原子の約2倍の質量を持った水素原子があることが、1943年、アメリカのユーリーという学者によって発見されました。

この2倍の質量を持った水素原子は、Hと区別するためにDと表記され、重水素と名付けられました。

このDが含まれている水が重水であり、化学式はD2Oと表記されます。

つまり、重水と軽水の違いは、原子構造ということになります。

重水

重水素は、量こそ少ないですが、自然界に普通に存在している原子です。

私たちが普段飲料水として飲んでいる水の中にもごく微量ながら含まれていますが、見た目や味的には軽水と何ら変わるところはありません。

しかし、通常の水に含まれているくらいの量では問題ないものの、体重に対して10%以上の量を摂取すると、生体内機能に異常をきたし、生命にかかわる場合もあります。

重水としての用途は原子炉の減速材であり、特に重水炉と呼ばれています。

また、医療にも応用されており、放射線治療などの減速材としても利用されています。

軽水

一般的な「水」を指します。

通常は重水に対して軽水と呼ばれるだけなので、普通に生活を送る上では「軽水」と表されることはほとんどありません。

飲料水や洗濯、風呂など、水を使用するあらゆる場面で利用されます。

天然水のうちの99.74%を占めていますが、残りを占める重水を完全に軽水から除去することは難しく、実際には「軽水」とされていても、ごく微量ながら重水が含まれているのが現状です。

ただし、現在では重水素を限りなく減少させた軽水を特に「超軽水」と呼び、健康の分野において、ガン細胞の抑制に効果があると主張されています。

そのため、宅配水サービスなどでも、重水素濃度を減少させたミネラルウォーターを取り扱っているところもあり、健康によい水として販売されています。