軟水と硬水

軟水と硬水

水には硬度というものがあり、その硬度の度合いによって軟水と硬水に分類されます。

硬度とは、水の中に含まれるカルシウムとマグネシウムの量の度合いを指し、単位はドイツ硬度のdh、あるいはアメリカ硬度のppmで表されます。

dhは水100ml中に含まれるカルシウムとマグネシウムの量を酸化カルシウムの量に換算したもので、ppmは炭酸カルシウムの濃度に換算したものとなっています。

両者の相互関係は1dh=17.8ppmです。

日本では飲料水や洗濯、風呂などに使う生活用水の80%が80ppm以下の軟水sであり、硬水は主に欧州を中心に使用されています。

軟水とは

軟水はppm値が0~120までの水を指し、40ppm上昇するごとに、きわめて軟水、軟水、やや軟水の3つに分類されます。

日本の水道水は硬度80ppm前後なので「軟水」にあたります。

飲んだ時にまろやかな味がすることと、石けんなどの泡立ちがよくなることから、飲料水や洗濯などに適しています。

また、和食やコーヒー、お茶など、ダシなどを抽出して利用する場合には硬水より軟水が向いています。

そのため、近年家庭用にも普及してきている宅配水サービスの水も軟水中心であり、まろやかな口当たりをかもしだすために、水道水よりさらに硬度が低いもの(30ppmなど)が主流となっています。

硬水とは

硬水は120ppm~300ppm以上の硬度を持つ水を指します。

アメリカやヨーロッパの水に多く、日本でも、一部ながら関東地方や沖縄などで使用されています。

硬水に含まれるマグネシウムイオンは体内に吸収されにくく、飲料水として摂取すると大腸に長時間にわたって残留し、水の吸収を妨害することがわかっています。

そのため、腸内に水分がたまりやすくなり、お腹を下したりする可能性が高くなります。

ただし、この原理を利用して、便秘解消のために飲用に適した硬水を飲む人もいます。

また、硬水で石けんを使用すると、石けん成分である脂肪酸とナトリウムがマグネシウムイオンに反応し、石けんかすが生じるため、洗濯や入浴にも不向きとなっています。