赤ちゃんに合う水

赤ちゃんに合う水

人間の体は60%が水で構成されていますが、赤ちゃんの体は、なんと80%が水で占められています。

さらに、生まれたばかりの赤ちゃんは非常にデリケートなので、赤ちゃんに与える水は、一層の気配りを行う必要があります。

では、赤ちゃんに合う水とはどのようなものなのでしょうか。

赤ちゃんにミネラルウォーターは厳禁?

生まれたばかりの赤ちゃんは内臓が未発達なので、塩分や脂肪分、添加物などは体に大きな負担がかかってしまいます。

水に関しては、ミネラルウォーターのようにミネラル分が豊富に含まれているものも、やはり赤ちゃんにとっては負担がかかってしまうものとなっています。

そのため、通常は赤ちゃんに対してミネラルウォーターを飲ませることは厳禁とされています。

赤ちゃんに合うRO膜水

では赤ちゃんに合う水とはどんなものかというと、ミネラルを含む不純物が限りなく少ない水ということになります。

その代表的なものとして、RO膜水が挙げられます。

RO膜水とは、RO膜という超微小孔フィルターでろ過した水で、通常のフィルターでは除去しきれない微細な不純物を取り除いた限りなく純水に近い水となっています。

微細な不純物とは、たとえば発ガン性のあるトリハロメタンや、有害物質ダイオキシン、大腸菌O-157などがあり、ほとんどの有害物質を除去してくれるのが特長です。

高い純度を誇るRO膜水は、ミネラル分も含んでいないので、赤ちゃんにも安心して与えることができます。

また、ミネラルに邪魔されることがないので、粉ミルクに含まれる成分を損なうことなくミルクを作ることができる上、吸収性にも優れているので、赤ちゃんの内臓に負担をかけることもありません。

RO膜水は、赤ちゃんにとってはまさに理想的な水と言えます。

赤ちゃんに与える水は宅配水サービスが便利

赤ちゃんがいる家庭には、自宅にウォーターサーバーを設置し、水を宅配してもらえる宅配水サービスが便利です。

赤ちゃんがいるとなかなか外出もままならないため、自宅まで水を配送してくれる宅配水サービスは、重宝します。

また、ウォーターサーバーは、いつでもお湯と冷水が使い分けられるため、両方を混ぜ合わせるとミルク作りに最適なぬるま湯もすぐに作ることができます。

もちろん、赤ちゃんに合うRO膜水を扱う宅配水サービスもあるので、一石二鳥となっています。