人間の体の60%は水

人間の体の60%は水

人間の体のほとんどは水でできています。

具体的な数値で言うと、成人で約60%、乳幼児になると約80%が水分で占められています。

人間が生きていくにあたり必要不可欠な血液や脳、網膜も、それぞれ90%、80%、92%が水で形成されています。

人間は、水を飲まなければ、せいぜい4~5日程度しか生きられないといわれており、また、水をガソリンにして動く自動車のようなものだと表現される場合もあります。

人間にとってなくてはならない水は、人体においてどのような役割を果たしているのでしょうか。

水の役割

1.細胞に栄養を搬送する

水は、体内に入ってきたさまざまな栄養素を内包し、血液として体内の隅から隅まで搬送します。

生体内機能は栄養分がないと正常に働かず、その機能を停止してしまいます。

だからこそ、常に血中から栄養分を補給する必要があるのです。

2.体内の血液濃度を調節し、血行をよくする

水が不足すると、血液がドロドロになり、脳梗塞や心筋梗塞などの病気の原因となります。

よく、サラサラ血液が体によいといわれますが、サラサラ血液には十分な水分が必要なのです。

サラサラ血液は血行促進につながり、体内循環がよくなるので、細胞への栄養素や酸素の供給がスムーズに行われるようになります。

3.体温調節

人間の平熱はおよそ36~37度であり、これより上昇すると、いわゆる「発熱」として体調が悪くなり、あまり上がりすぎると生命にも関わってきます。

そのため、体内の温度が上がりすぎないよう調節する必要がありますが、その役割を担っているのが水です。

たとえば、人間は体内の温度が上昇すると汗をかきます。

水には、蒸発時に熱を奪う性質があるため、発汗することによって体内の熱を外に逃がしているのです。

4.体内の老廃物の排出

栄養が細胞に供給されると、老廃物が排出されます。

この老廃物が体内にたまってしまうと、生体内機能にさまざまな障害をきたし、場合によっては死に至る場合もあります。

体内を循環する際、これら老廃物を含んだ血液は、大量の水とともに腎臓を通過することによってろ過され、老廃物を落としてクリーニングされます。

残った老廃物と水分は、膀胱に送られ、尿として排出されます。

こうして、体内を常にクリーンな状態にしておくのが水の役目なのです。

毎日の水分補給を意識する

上記に挙げた水の役割は、どれも人間の生命を維持するために欠かせないものです。

これだけ多くの役割を抱えている水が、人体の60%を占めているというのも納得できる話です。

逆に言うと、体内で水が不足すれば、それは生命にも関わってくるということなのです。

毎日意識して水分を補給することは、生命維持と健康にとって必要なことです。

水分補給の際は、お茶やジュースなどではなく、そのまま水として飲むのが有効です。

が、カルキ臭がしたり、安全性が疑問視される水道水をそのまま飲むのは抵抗がある人も多いでしょう。

そんな人のために、現在は、家庭で手軽に安全で美味しい水を飲めるという宅配水サービスが普及しています。

自宅にウォーターサーバーを設置し、水を自宅に宅配してもらうことで、いつでも美味しい水を飲むことができます。

健康のための毎日の週間として、宅配水サービスの活用を視野に入れてみてはいかがでしょうか。