水の種類

水の種類

「水」というのは総称であり、実際には水の種類はいろいろなものがあります。

水道水やミネラルウォーターなどが一般的ですが、ミネラルウォーターに関しても、そこから種類が枝分かれしていきます。

以下では、水道水とミネラルウォーターの観点から水の種類を紹介していきます。

水道水

私たちの生活における「水」の大部分を占める水道水。

飲料用はもちろん、洗濯や風呂など、生活用水としても幅広く使用されています。

どこの家でも蛇口をひねれば出てくるので、手軽さという点では一番ですが、飲料用として使用するには安全性が疑問視されています。

日本国内では、水道水は塩素消毒が義務付けられています。

この塩素が、水道管を通って蛇口から出てくるまでに、完全に除去されず、残留塩素となって水道水に含まれているのです。

塩素にはトリハロメタンという発ガン性物質が含まれており、有害なものとして認識されています。

また、塩素と水中のアンモニアが反応すると、水道水独特のカルキ臭が発生し、「水道水はまずい」と思わせる要因となっています。

ミネラルウォーター

・ナチュラルウォーター

水源から採水した水を、沈殿・ろ過・加熱殺菌のみで処理した水のことです。

天然水の一種ですが、原水にミネラルが含まれていないのが特徴です。

・ナチュラルミネラルウォーター

ナチュラルウォーターと処理方法は同じですが、こちらは原水にミネラル分が含まれているものを指します。

宅配水サービスなどで天然水と呼ばれるものはナチュラルミネラルウォーターが多くを占めます。

・ミネラルウォーター

ナチュラルミネラルウォーターを原水とし、さらに品質を安定させるためにミネラル分を調整したり、他のナチュラルミネラルウォーターを混合したりしたものです。

ナチュラルミネラルウォーターに比べ、かなりの手が加えられているところが特徴です。

・RO膜水

ROと呼ばれる1000分の1ミクロンの孔を持ったフィルターを使用してろ過された水を指します。

通常のろ過では除去しきれない微細な不純物も取り除くので、極めて純度の高い水に仕上がります。

不純物の中にはミネラル分も含まれるため、RO膜でろ過した後は、健康のためにミネラル分をあとから追加配合する場合がほとんどです。

宅配水サービスのミネラルウォーター

上記に挙げたミネラルウォーターの種類に関しては、耳慣れない人が多いかと思います。

これらミネラルウォーターにはそれぞれメリットがあるため、一概にどれがよいとはいえないのですが、水道水とは比較するまでもありません

これらのミネラルウォーターを試してみたいと思うならば、宅配水サービスを利用するのが最も手っ取り早い方法です。

宅配水サービスでは、上記のミネラルウォーター各種がすべて揃っており、個人の好みで選ぶことができるので、非常に便利です。