ウォーターサーバーのメリットとデメリット

ウォーターサーバーのメリットとデメリット

業務用と思われていたウォーターサーバーは、健康志向ブームの現在、家庭用としても普及され、今やめずらしいものではなくなりました。

ぜいたく品と思われがちなウォーターサーバーが普及した背景には、ウォーターサーバーならではのメリットポイントがたくさんあり、一度利用した人はなかなか手放せなくなるというのが実情となっています。

ただ、一方でウォーターサーバーを導入するにあたってのデメリットも存在します。

ウォーターサーバーを導入する際は、メリットとデメリットの双方を理解した上で、導入するか否かを考える必要があります。

ウォーターサーバーのメリット

美味しい水が飲める

現在の宅配水サービスは、店舗で購入するミネラルウォーターより質の良いものを扱っているところがほとんどです。

ミネラル分を多く含むものや、不純物をほとんど除去したクリーンウォーターなど、用途に応じてさまざまな種類を提供しているので、自分の好みに合った美味しい水を毎日飲むことができます。

衛生的

現在のウォーターサーバーは衛生面に優れているものが多く、そのほとんどがタンク内やボトルの水に空気が触れないよう設計されています。

空気中には目に見えない雑菌やカビ菌が浮遊しているため、水が空気に触れるとその雑菌が水の中に溶け込んでしまう場合があります。

一度封を開けたら、キャップを外すごとに空気にさらしてしまうペットボトルのミネラルウォーターと違い、ウォーターサーバーは空気の混入を極力抑え、常に新鮮で清潔な水を保存しておけます。

冷温水が瞬時に使い分けられる

ウォーターサーバーには温水コックと冷水コックがついており、冷たい水も温かいお湯も瞬時に使い分けることが可能です。

氷で冷やしたり、お湯を沸かしたりという手間が省けるので、楽なのはもちろん、節約にもなります。

両方混ぜれば自分好みの適温の水が作れるので、赤ちゃんのミルク作りや、冷え対策にも有効です。

購入の手間が省ける

ウォーターサーバーの水は自宅まで宅配してもらえるので、わざわざ店まで行って重いミネラルウォーターを買ってこなくて済むようになります。

さらに、頻繁にミネラルウォーターを飲む人の場合、500mlのペットボトルが100円程度であるのに対し、ウォーターサーバーの水は500ml換算で60円前後となる場合がほとんどなので、経済的な負担も軽減できます。

ウォーターサーバーのデメリット

ウォーターサーバーのメリットに対し、デメリットは非常に少ないのですが、あえて言うならコストの問題があります。

サーバーレンタル費用に関しては無料のところも多くあるので省きますが、水の代金は12Lサイズのボトルで1500円〜2000円程度

4人家族のひと月の平均使用本数は4〜5本なので、水だけで月に6000円〜10000円の出費となります。

もちろん、日常的にミネラルウォーターを購入している人は、節約になる可能性が高いですが、水道水を使用していた家庭が導入した場合、家計の負担はそれだけ増えることになります。

ただ、ウォーターサーバーにはそれを補ってあまりあるメリットがあるので、この負担をデメリットと取るかどうかは個人の価値観によるでしょう。