ウォーターサーバーの選び方

ウォーターサーバーの選び方

現在、宅配水サービスを行っている業者はたくさんあり、ウォーターサーバーの機種も多種多様となっています。

そのため、いざウォーターサーバーを導入しようとしても、一体どれを選べばいいのか判断に困るケースは少なくありません。

ウォーターサーバーは、きれいで安全な水を、いつでも便利に使用できることがポイントです。

よって、衛生面・安全性・利便性、そして家計の負担にならない経済性も求められます。

これらを総合的に考えてウォーターサーバーを検討しましょう。

衛生面

ウォーターサーバーは清潔な水を提供するという趣旨のもと活用されるものなので、衛生面は欠かせないポイントです。

特に、水が入っているボトルに空気が混入すると、空気中に含まれるホコリや雑菌、カビ菌などが水の中に入ってしまい、せっかくのきれいなミネラルウォーターが汚染されてしまいます。

現在はボトル内およびタンク内に空気が極力入り込まないような設計となっているウォーターサーバーが出ているので、選択する際は必ずチェックしましょう。

安全性

ウォーターサーバー自体は、取り扱い上危険なものではありませんが、万一に備え、安全対策がしっかりなされているものを選びましょう。

特に小さいお子さんがいる家庭は、本体自体が倒れにくい構造になっているかどうか、温水の蛇口にチャイルドロック機能がついているかどうかなどは重要項目です。

また、水が入っているボトルの材質について、近年その安全性が問われるようになりました。

ポリカーボネート製のボトルは、業者が回収して高温殺菌にかける際、ビスフェノールAという化学成分が溶け出すことが判明しています。

ビスフェノールAは、胎児や乳児の発達に影響を与える恐れがあるため、厚生労働省が、妊婦や乳幼児のポリカーボネート製ボトルの使用は控えるよう呼びかけています。

この発表をふまえ、現在ではペットボトルに使用されているPET樹脂製のボトルが使用されているところが多くなっています。

また、ワンウェイシステムと呼ばれるボトル使い捨て方式を取り入れている業者もあります。

利便性

もともと、ウォーターサーバーは便利な機器だと言えますが、細部を見ていくと、さらに利便性に差があることがわかります。

たとえば、使用済みのボトルの処分方法

使用済みのボトルは、業者が回収してくれるところもあれば、自分で容器を処分するものもあります。

回収してくれる方が処分の手間が省けそうな気はしますが、使い捨てタイプのものも、ボトルがぺしゃんこに潰れてかさばらないものがあるので、ボトル回収まで場所を取るタイプよりも便利な場合があります。

どちらが自分にとって便利であるか、事前にシミュレーションしてみるとよいでしょう。

経済性

ウォーターサーバーを導入するにあたり、維持費としてかかるのがサーバーのレンタル料、電気代、メンテナンス費用です。

レンタル料やメンテナンス費用は無料・有料の2通りあり、電気代も、機種やサイズによって割と大きな幅があります。

どれも同じと思わず、カタログやサイトなどを見比べながらじっくり検討する必要があります。