ウォーターサーバーのメンテナンス

ウォーターサーバーのメンテナンス

ウォーターサーバーのメンテナンスは、パーツを分解したりする大掛かりなものは業者がやってくれますが、日常のお手入れは利用者自らが行わなければなりません

とはいえ、現在のウォーターサーバーはお手入れ方法の簡単さも魅力のひとつとして認識されているので、大きな負担となるようなお手入れをする必要はありません。

お手入れ方法に関しては、細かな部分は機種ごとに異なるので、業者のサイトや取扱説明書などを参考にし、正しい方法で行うようにしましょう。

ここでは、家庭でできる一般的なウォーターサーバーのお手入れ方法を紹介します。

・ボトル差込口付近

ボトル差込口とその付近を清潔なふきんなどで乾拭きします。

その後、アルコール系の消毒剤などを使用すると、殺菌効果があるのでより効果的です。

ボトル差込口付近は、できればボトルを交換するたびに行いましょう。

・蛇口まわり

使用するたびに触る部分であり、水もはねやすいので、乾いたふきんで拭き取り、アルコール系消毒剤で消毒しましょう。

1日の終わりにお手入れすると毎日清潔に使用できます。

・水受け皿

最も水がかかりやすく、濡れやすい部位です。

濡れたまま長時間放っておくと、水垢が出てきたり雑菌が繁殖したりするので、毎日きれいに洗うのがベストです。

水受け皿は、たいていの場合取り外し可能となっているので、本体から取り外したら、台所用中性洗剤を使ってスポンジできれいに洗い流し、水気をよくふき取ってから再び装着しましょう。

・本体外面

水がはねたり、ほこりがついたりしやすい部分なので、週に1度は湿らせたふきんなどできれいに拭き取ります。

汚れがひどい場合は台所用中性洗剤などを使って洗ったあと、洗剤が残らないようにように乾拭きします。

・本体背面

コンデンサー部分にはほこりが付着するので、あらかじめ電源を抜いてから掃除機などで付着したほこりを吸い取ります。

取りきれなかったほこりは湿らせた布で拭き取り、完全に乾かしてから再び電源を入れます。

・電源プラグ付近

電源プラグ付近に綿ほこりなどがつくと、火災のもとになります。

定期的にチェックし、汚れに気づいたら、電源を切り、電源プラグを抜いて掃除機などで吸い取ります。

その後、乾いた布で乾拭きしましょう。