レンタルか買い取りか

レンタルか買い取りか

ウォーターサーバーを利用する場合、サーバーは、業者からレンタルする場合と買い取りする場合の2種類あります。

取り扱いは業者によって異なっているので、自分にはどちらが合っているのかを十分吟味した上で選択するようにしましょう。

レンタルのメリット・デメリット

レンタルのメリットは、初回導入にかかる費用を安く抑えられる点です。

ウォーターサーバーは、導入の際にサーバー本体にかかる費用と水の代金が同時にかかるので、購入するとなると初回時にかなりの出費になってしまいます。

レンタルした場合、月のレンタル費用は大体1000円前後と安価で、さらにいくつかの業者では無料でレンタルしているところもあります。

また、使用しなくなった場合、解約とともにサーバーを業者に返却するので、場所を取らなくて済みます

デメリットとしては、レンタルしているものである以上、自分のものよりは取り扱いに注意しなければならないことです。

故意の事故による破損・故障などの場合、業者の判断によってはサーバーを弁償しなければならない可能性も出てくるので、いくらレンタル料が無料といえど、油断することはできません。

買い取りのメリット・デメリット

一方、サーバー買い取りのメリットは、購入した時点で完全に自分のものになることです。

レンタル料はもちろんかかりませんし、特に小さなお子さんがいる場合、いたずら書きなどしても、それほど神経質になる必要はありません。

デメリットは、無料のサーバーレンタルに比べると、費用がかかってしまうことと、不要になった場合、保管場所を取ってしまうことです。

ただし、有料レンタルの場合は、長い目で見ると買い取りの方がお得となります。

レンタルと買い取り、どちらの比率が高い?

現在は、業者の方もレンタルサービスに力を入れているため、必然的にレンタルの比率の方が高くなっています。

特に無料レンタルのサーバーが人気であり、初回に2~10万円かかってしまう買い取りタイプは下火になりつつあります。

しかし、上記のようなメリットがあることと、分割でサーバーを購入することもできるので、買い取りを選ぶ人も少なくありません。