ウォーターサーバーの設置費用

ウォーターサーバーの設置費用

ウォーターサーバーの設置にかかる費用は宅配水業者によって異なります。

申し込みから実際に利用するまでにかかる費用、およびその後にかかる費用などを事前に把握していないと、予想以上の出費になる場合があります。

ウォーターサーバー自体にかかる費用はもちろん、その他もろもろにかかる費用を業者ごとにきちんと把握しておくことが重要です。

ウォーターサーバーのレンタル・購入費

ウォーターサーバーはレンタルできるものと購入するものの2種類があります。

レンタル費用は業者によってピンキリで、永年無料のところから、大体1000円前後のところがほとんどです。

一方、購入の場合は2万円から、高いものになると10万円程度するものもあり、こちらも価格に差があります。

ボトル(水)代

ボトルは通常9Lサイズか12Lサイズとなっており、その価格は業者によって差があります。

目安としては、1本あたり1000円前後~2000円前後が主流となっています。

使用量は、飲用のみなのか、あるいは料理などにも使うのか、その用途によって異なるため、ひと月にかかる料金には個人差がありますが、4人家族の場合、5本程度が目安のようです。

ボトルは、定期宅配タイプ都度注文タイプがあり、さらにひと月に購入する本数の最低ラインが決まっているところや、ボトルの追加注文に手数料がかかるところもあるので、注意が必要です。

宅配料

ボトルの宅配料は、現在は宅配料が無料のところが多くなっていますが、本州以外、北海道や沖縄、離島の方は別途宅配料が必要になる場合があります。

また、ウォーターサーバーの最初の宅配料も、設置の際は無料の場合がほとんどですが、使用をやめた場合のレンタルサーバーの返送料については、別途利用者の負担となるケースもあるので、事前に確認しておきましょう。

メンテナンス費用

ウォーターサーバーは衛生面および安全性が命なので、定期的なメンテナンスが必要です。

このメンテナンス費用は、無料のところと有料のところでわかれています。

有料の場合、その平均額は年間で5000円~8000円程度です。

契約料および解約料

契約料がかかるところはまれですが、解約料に関しては、必ずかかるところと、利用日数に応じて有料・無料がわかれるもの、最初から不要なものの3点にわかれます。

解約料の有無で業者を決めるのはおすすめしませんが、設置する際は解約料まで考えが及ばないことが多いので、パンフレットや業者のサイトなどで解約料の有無について納得した上で契約したほうが、後にトラブルにならずに済みます。