天然水かRO膜水か

天然水かRO膜水か

ミネラルウォーターは、その名の通り、ミネラル分が含まれている水を指します。

中でも、なるべく人の手を加えず、ミネラルをたっぷり含む原水のよさを残したものを天然水と呼び、自然の恩恵をそのまま受けたいという人に喜ばれる水となっています。

一方、原水に含まれている不純物(ミネラル分も含む)をRO膜によってできる限り除去した水は、RO膜水またはピュアウォーターなどと呼ばれ、純度が高く、クリーンな水となっています。

天然水とRO膜水、どちらの水が選べばいいのでしょうか?

天然水の特長

天然水は、採水された原水に含まれるミネラル分などを損なわないよう、ろ過・沈殿・加熱殺菌という最低限の処理のみ行って仕上げた水のことで、特にナチュラルミネラルウォーターと呼ばれます。

それぞれの原水のよさがそのまま残っているので、飲むだけで豊富なミネラルを補給することができます。

また、天然水特有の味がするのが大きな特長で、水そのものの味わいを楽しみたいという人には天然水がぴったりです。

RO膜水の特長

RO膜水とは、RO膜というフィルターによってろ過された水のことを指します。

RO膜はNASAが開発したフィルターであり、孔が1000分の1ミクロンという超極小サイズであることが特徴です。

通常のフィルターではろ過できない微細な不純物、たとえばダイオキシンやトリハロメタン、大腸菌0-157、環境ホルモンなどもキャッチするので、ほとんど不純物が含まれない純水に近い水ができ上がります。

通常は、RO膜でろ過された水に、人工的にミネラル分が加えられ、ミネラルウォーターとして販売されます。

ミネラルを含む不純物がほとんどないため、天然水よりクセがないことから、お米や食材の味を引き立てるのに適しています。

天然水かRO膜水か?

以上のことから、天然水とRO膜水は、それぞれに特徴があり、メリットがあることがわかります。

そのため、一概にどちらがいいとは言えず、味の好みや用途によって、自分に合う方を選んでよいということになります。