ウォーターサーバー

ウォーターサーバーとは

ウォーターサーバーとは、コックを押したりひねったりすることで、ミネラルウォーターなどが注水される専用機器のことです。

内部には貯水タンクがあり、外部から取り入れられた水は一定量タンク内にたまるようになり、必要に応じて「注水」という形で取り出される仕組みとなっています。

昔は手動でタンク内に直接水を流し込むタイプが主流でしたが、現在は水の入ったボトルをセットするだけで、水が減った分だけ勝手にタンク内に補充される構造になっているものが多く、衛生的かつ簡略化しているものがほとんどです。

また、ウォーターサーバーと言っても、水だけではなくお湯も出るタイプのものがほとんどで、これが業務用になると、冷温水のほかにお茶が出るタイプのものも流通しています。

もとは病院や店舗などの待合室や休憩室に置かれることが多く、業務用のイメージが強かったのですが、健康志向ブームにより、現在は家庭向けのものが普及されつつあり、それに伴い宅配水サービスを行う業者の数も増えてきています。

レンタルと購入

ウォーターサーバーは、購入して利用するものと、レンタルという形で毎月レンタル費を支払ってリースするものの2種類があります。

どちらがよいかは利用予定日数などによりますが、購入の場合、最低でも2万円程度はかかることと、利用しなくなった場合の置き場所の確保などの問題から、現在はレンタル派が主流であり、その費用は無料のところから1000円前後のところまでさまざまあります。

床置き型と卓上型

大抵のウォーターサーバーは、床に直に設置する床置型と、台などの上に設置する卓上型の2タイプあります。

すでに手ごろな台やカウンターなどがある場合は卓上型、ない場合は床置型となります。

機能や貯水タンク量などは特に変わらないため、純水に設置場所で決めることになります。

使い捨てか再利用か

ウォーターサーバーにセットするウォーターボトルは、宅配水業者によって配送してもらいます。

このウォーターボトルの扱いは業者ごとに異なり、使い終わったボトルを回収し、工場で高温殺菌などを施して再利用するところもあれば、ボトルは完全に使い捨てで、飲み終わったら利用者が別途自分で処分する必要があるところもあります。

それぞれにメリット・デメリットがあるので、自分のライフスタイルに合わせて選ぶようになります。

こんな人におすすめ

ウォーターサーバーと言うと、業務用のイメージが強く、家庭に設置するとなると贅沢な印象がありますが、現在はサーバーレンタル費や配送料が無料であったりと、非常にリーズナブルな価格で利用することができるようになっています。

水に関しても、頻繁に利用する場合は店舗でミネラルウォーターを買って来るより安価で済む場合が多く、さらに自分で買って来る手間が省けるので、日常的にミネラルウォーターを購入・利用している人にとってはウォーターサーバーに変えたほうがお得なケースが多くあります。

また、冷水だけでなく温水も瞬時に使えるところが特長で、製氷や湯沸しの手間が省けるというメリットがあります。

両方混ぜればぬるま湯も作れるほか、ミネラルウォーター自体が赤ちゃんのミルク作りに適しているため、特に小さなお子さんがいる家庭で人気となっています。